HOME >>

食べれる段ボールへようこそ!

当サイトへアクセスしていただき、ありがとうございます。

食べれる段ボール

段ボールを食べたいとはあなたも思わないと思います。

しかし、自分の利益だけを考えている業者が居て、食べたいと思わないものを食品として流通させているという事も事実です。

そして、まだまだ知らない現状が世界にはある事も事実としてあります。

食文化のちがいや生活習慣の違い、そして倫理観の違いがこれらの問題の根底にあります。

これらは、地域や国によりさまざまですが、共通して言えるのは、食に対しては安全であって欲しいと願う気持ちです。

段ボールが食品に入っている問題とは反対に、むしろ段ボールを健全に使うことによって肉やチーズを燻製にもできるのです。

物を箱として保管したりするだけではない素敵な使い方が様々あるというのも事実なのです。

段ボールで家具を作ってしまったり、展示場までも出来てしまう段ボールもあります。

リサイクルという環境問題も遠巻きに食の安全に繋がります。

国内の段ボールは、環境を考えた時に新しいチップだけを使うのではなく、古紙をうまく再利用して、何度も循環できるように考えられているのです。

そして今、大量生産、大量消費から、今後いかに1つの商品を上手く循環の輪に取り入れていくかが大きなカギになってきます。

このサイトでは、食の安全を犯した問題を見直しながら、環境を考えてこれからの段ボールを見て居る人々、そして私達でできる食の安全の話までをしています。

最後までどうぞお読みになって下さい。

食べれる段ボール記事一覧

食べれる段ボール

食べられる段ボール

当HPについて

食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです